ブログ

2015.06.02

改装日記(第10話)

前回の改装日記の続き。
市のほうで処理してくれるガレキは「ブロック・コンクリート・レンガ・瓦」だけとなっております。ところが実際に解体してみると「石・土」がかなり多い…。これらは産業廃棄物処理業者に引き取ってもらわなければならないようです。

そんなわけで黙々とガレキと石と土を分ける私。
2015_06_02_01嫁さんが「リーゼント!リーゼント!」って言ってた石。
2015_06_02_02ガレキ入れ用の袋、30枚買ってきたけど全然足りなかった…

2015.06.01

改装日記(第9話)

前回の改装日記のときに申請していた、炉の解体当日となりましたよー!
立ち会いの市役所の人が来て、説明して、書類書いて、写真撮って帰っていきました。

準備はオッケー!レッツ解体!

さーて皆さんご覧ください。これが今回の破壊対象です。
2015_06_01_01まずは上に載っている邪魔な石・土・炭などを下しましょう(下ごしらえ)
2015_06_01_02そしてハンマーでドーン!!!
2015_06_01_03壊れたー。
2015_06_01_04なんか古い「明星」出て来たー。
2015_06_01_05で、3時間の格闘の末、こんな感じになりました。近所のおじいさまも手伝いに。
2015_06_01_06解体したらスッキリすると思ってたのに、体積的には増えている…
2015_06_01_07プラス、金属の物体も…
2015_06_01_08あとは処理場に運ぶだけなんですけど、想像してたよりもガレキの量が多いぞ…
うーん、どうやって運ぼう…

今回分かったこと:物は壊すと増える(泣)

2015.05.20

改装日記(第8話)

工房予定地には、現在は使われていない炉のような工作物があります。これを自分で解体しようと思っているのですが、解体後に出る“がれき”の処理がわからなかったので市役所に確認しました。すると、
1)解体する一週間以上前にあらかじめ市に申請が必要。
2)解体当日には市の人が現場確認に来る。
3)出たがれきは市が指定した日時・場所に搬入する(有料)
とのこと。
……結構ややこしい。なにゆえこんなにややこしいのかと言いますと、解体業者に依頼した場合、がれきが「産業廃棄物」扱いになるらしく、本当に個人で解体するのかを見るのだそうです(産業廃棄物は市では取り扱ってくれないため、処理業者に頼む必要がある)とりあえず6/1を解体予定日として申請しましたので、その様子はまた後日。

さて!ここ数日嫁さんが鉄骨のサビ落としを頑張ってくれていたのですが、手が届かない場所があると言うので今日は私がすることになりましたよ。

脚立が高くてこわい。
2015_05_20_01サビに加え、土埃がすごい。
2015_05_20_02腕を上げっぱなしでしんどい。
2015_05_20_03燃え尽きたー。
2015_05_20_04ネイビーのタオルに色褪せたパープルのTシャツ、ブルーグリーンのパンツというイカしたファッション!(ブログに載せるなりでは無い)

2015.05.10

改装日記(第7話)

2015_05_10_01前回の改装日記の続き。白系のペンキと言ってもたくさん種類があるようですよ。こちらは白からグレーへのグラデーション!真ん中くらいの色が良いかなー?

2015.05.09

改装日記(第6話)

2015_05_09_02鉄骨のサビ落としも進んできましたので、ペンキの手配をしなければなりません!
白系にしようと思っているんですけど、純白の部屋って意外と気持ちが落ち着かないんですよね。(むかし部屋の家具を真っ白に塗ったことがあり、その時にそう感じました。)
おそらくは少しグレーがかった白のほうがリラックスできるのではないかと思い、しばらく探していたのですが、イメージ通りのものが見つからないんですよー(泣)
混色もやむなし!…と思ってたんですが、よくよくネットで調べてみますと、「日本塗料工業会(日塗工)」という団体が塗料の標準色を発行しており、ペンキもこの色見本から指定して作れることが判明しましたー!わーい!
これを見てじっくりペンキの色を検討したいと思います!

…ちなみにこの色見本は3,000円くらいしましたよ(高い)

2015.04.30

改装日記(第5話)

サビ落としに慣れてきてたくましくなった嫁さん。
2015_04_30_01磨いた部分(右)と磨いてない部分(左)を比べると成果が良く分かりますね。
2015_04_30_02改装と全く関係ない話。先日初めて自治会の総会に出席したところ、終了直後に近くの民家で火事が起こりそのままみんなで消火活動となりました。発見が早かったこともあり、町の皆さんの連携で速やかに鎮火されました。田舎はご年配の方も若者もたくましかったです!(私は片付けくらいしかできませんでしたよ)

2015.04.25

改装日記(第4話)

嫁さんが今日もせっせとサビ落とし。
マスクしてても作業終わりには顔が真っ黒になっておられます。すまぬな、嫁よ。

2015.04.24

改装日記(第3話)

2015_04_24_01この倉庫、元々は小さな鉄工所だったそうです。写真の場所で実際に金属を加工してたようで、色んな配線や、火を焚いていたであろう炉のようなものが残っております。この空間をメインの作業場所にしようと思います。
というわけで、今日は配線関係の見積もりをお願いするため電気屋さんに来ていただきました。(手配してくださったのは前回ご紹介した「trois portes」さんです。)来週には金額を出していただけるようですよ。一体いくらくらい掛かるんでしょうね。

2015_04_24_02嫁さんは今日もサビ落としを頑張ってくれました。倉庫内はかなり暑いようです。半袖デビュー!

2015.04.23

改装日記(第2話)

改装ターゲットの倉庫はかなり古く、中の鉄骨はサビだらけなのです。
何はともあれ、このサビを落としてしまわないと話になりません。

とここで話を一時中断し、今回の改装で最もお世話になっている方をご紹介いたします。
隣の市(篠山市)のお店「trois portes(トロワーポルテ)」さんです。
ご夫婦でお店をされております。旦那さんは家具職人、奥さまは美容師さんです。
このご夫婦、私達が移住する数年前に千葉から篠山市に引っ越して、巨大な倉庫を自分たちで美容室&ショップ&家具工房&自宅に改装してしまったのです!
移住に関しても、改装作業に関してもすべて大先輩というわけですよ。そんなわけで私、おもいっきり頼ってしまっております。(そう!頼りすぎています!)
昨日は倉庫のサビ落としをご夫婦で手伝いに来てくださりましたよ。ありがたいことです。なのにその写真を撮ってなかった私…なんということでしょう(泣)

2015_04_23_02改装二日目の今日は、嫁さんが頑張って一日中サビ落としをしてくれました。
やれば出来る子だったんだな、嫁よ。

…ちなみに私は靴の方の作業があるので、今日は改装作業やってないです。(けっしてサボっているわけではない)

2015.04.23

改装日記(第1話)

2015_04_23_01

皆さんご無沙汰しております。
ブログを更新しない男、きたむらです。

東京から兵庫県丹波市に移住し、早いもので三ヶ月が経とうとしております。
移住するにあたって中古で購入した古いお家には、結構でっかい倉庫がくっついておりまして、ここを工房&ショールームみたいにしたいなあと思っておりました。
先日ようやく改装作業をスタートさせましたので、「改装日記」として記していきたいと思います。

もちろん私一人の力で出来ることではないので、現時点でたくさんの人にお世話になっているわけなのですが、その辺は追々ご紹介していきたいと思います。

ゆっくりペースな改装作業になると思いますが、楽しんでいただければ幸いです。